育児疲れで慢性の腰痛になりマッサージ店へ

息子が2歳の時に、腰の痛みを感じるようになりました。
ぎっくり腰ほどの痛みではないものの、家事をしているときや子供を抱っこした時に激しく痛みました。
当時、エレベーターのない4階建てのアパートの4階に住んでいたので、子どもを抱っこしての上り下りは本当に大変でした。
右手にベビーカー、左手に息子を抱っこして上り下りをすることもあり、腰にかなりの負担がかかっていました。
マッサージに行きたくても主人は単身赴任中で息子を預けられませんでした。
しかし、とうとう我慢の限界に達し、息子を近所の託児所に2時間ほど預けてマッサージ店に行きました。
腰がかなり張っていたようで、お店の人がかなり固くなっていますねと言っていました。
久しぶりのマッサージはとても気持ちよく、それ以上に息子と離れている時間があることに喜びを感じました。
ほんの少しでも自分だけの時間を過ごせたことでリフレッシュできました。
マッサージのあとにストレッチをしてもらったのですが、思った以上に体が硬くなっていて驚きました。
育児の忙しさに負けて運動はおろかストレッチすらしていなかったので、ありとあらゆる関節が硬くなってしまっていました。
マッサージは本当に気持ちが良く、行ってよかったと思いましたが、一時保育とマッサージのお金を合わせると6000円ほどかかり、頻繁には行けないなと感じました。
そこで、育児の合間にストレッチをして体をほぐすようにしました。
マッサージの効果と日常のストレッチにより激しい腰痛から解放されました。
とはいえ、たまには自分だけの時間が欲しいので、近々息子を託児所に預けてマッサージ店に行きたいななんて考えています。

topに戻る